無理に自己啓発セミナーに行かない

気の進まない自己啓発セミナーに誘われた時の効果的な断り方

事前に断り方を知っておこう

関係性がどうなっても良い相手なら、ハッキリ行きたくないと断ってください。 あいまいな返事をすれば、これから何度も自己啓発セミナーに誘われるかもしれません。 興味がないことを、きちんと伝えましょう。 理由を加えて断わると、相手が引き下がってくれるでしょう。

ハッキリ言って良い相手

断り方によっては、相手を傷つける可能性があります。
相手が仲良くしたい相手でない場合は、絶対に行かないと完全に拒否しても良いでしょう。
今後相手との関係性が悪くなってしまう可能性がありますが、仲良くしたい相手でなかったら問題ないと思います。
断る際は、自分の意思をハッキリと伝えることが大切です。
上手く断れないと、無理やり興味のない自己啓発セミナーに連れていかれるかもしれません。
興味が無いと、講演を聞いていても暇ですし時間の無駄です。

ですが友人から誘われた場合は、ハッキリ断るのが難しいと思います。
関係性は悪化させたくないなら、日にちを聞いて後から考えると言ってください。
そして少し時間が経過したら、その日は用事があるのでいけないと伝えましょう。
それで諦めてくれると思います。
別の日を提示された場合は、まだ予定が分からないとはぐらかすのが良い方法です。
それなら人間関係を悪化させる心配はありませんし、興味のない自己啓発セミナーに行かなくて済みます。

また、冠婚葬祭の予定があると嘘をつくのも良い方法ですね。
普段は嘘をつくのはいけないことですが、今回は仕方がありません。
親戚の結婚式があって、どうしても参加しなければいけないと言えば友人も諦めてくれると思います。
また目上の人からの誘いを断る時にも、この方法が使えます。
目上の人からの場合は、断り方を間違えると失礼な態度になるので、特に注意して断ってください。

相手によって断り方を変えよう

関係性を悪化させたくない友人なら、相手を傷つけないように断る能力を身に付けてください。 予定が合わないと言って、断るのが良い方法です。 すると相手も諦めてくれるでしょう。 最近は忙しくて、自己啓発セミナーに行く暇が無いと先に伝えるのもおすすめです。

冠婚葬祭は理由に使える

予定があると行っても、その予定は何なのか聞かれることがあります。 冠婚葬祭だと言えば、仕方ないと思ってくれるかもしれません。 仕方なく冠婚葬祭に出席しなければいけないというように伝えると、相手に嫌な感情を抱かせることはないので、目上の人にも対応できます。

TOPへ戻る