無理に自己啓発セミナーに行かない

気の進まない自己啓発セミナーに誘われた時の効果的な断り方

冠婚葬祭は理由に使える

理由をきちんと述べよう

行かないと伝えるだけでは、相手が納得してくれないかもしれません。
なぜ行かないのか、具体的な理由を述べてください。
詳しい理由がない人は、その時ばかりは嘘をついても良いでしょう。
冠婚葬祭などがあるからと、理由を伝えるのがおすすめです。
少しなら嘘をついても良いですが、頻度を考えてください。
毎回お葬式があるからと嘘をつくと、相手に不信感を与えます。

嘘をついて断るなら数回にしたり、前回ついた嘘は使わないようにしましょう。
理由を付けて断ると、親しい関係の友人から自己啓発セミナーに誘われた場合でも対応できます。
いつ、友人から誘われるか分かりません。
興味のない自己啓発セミナーに行くのは辛いので、断り方を考えておきましょう。

目上の人から誘われた場合

自己啓発セミナーに誘うのは、友人だけではありません。
自分よりも立場が上の人から、一緒に行こうと言われることがあります。
友人よりも断るのが難しいので、言葉をよく選んでください。
失礼な断り方をすると、今後の仕事の悪影響を与える可能性があります。
親戚の結婚式などと理由を付けると、仕方が無いと思ってくれます。

断る時は、あくまでも出席しなければいけないというように見せることが重要です。
本当は行きたいのにいけないといけない雰囲気を出すことで、失礼にあたりません。
最初から行く気が無いという態度を取ると、相手は怒ってしまいます。
目上の人から誘われたとしても、興味がないなら行かなくても良いです。
丁寧に断りましょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る